1. 退職から人事制度を組み立てるサイト「クミタテル」
  2. セミナー

セミナー

開催予定のセミナー

中小企業にこそ必要な退職金制度の見直しと、企業年金という選択肢

セミナー

日時 : 2022年7月14日(木)15:00~17:00(視聴開始14:55)
会場 : ウェブセミナー(Zoomライブ配信)

近年、退職金制度を見直したい、或いは新しく退職金を導入したいといったお問合せが多く寄せられます。
退職金を導入している中小企業では、「退職金の支払いに充てるための資金準備不足」、「人事制度とのミスマッチ」、そして「退職金が社員のモチベーションに寄与していない」といった課題を抱えています。
特に退職金を導入してから退職者があまり出ていなかったり、税務会計が中心となったりしている中小企業では、退職金を支払うための資金準備が進んでおらず、社員が定年退職を迎える時期になってようやく事の重大さに気付くというケースも少なくありません。

そこで今回は、これまでのコンサルティング実績から中小企業が抱える退職金についての課題や対応事例を解説し、中小企業だからこそ必要となる退職金制度の見直し向けて幅広く情報提供を行う事としました。
また、近年、中小企業の退職金としては確定拠出年金(DC)が注目されますが、その他、総合型確定給付企業年金(DB)についても選択肢とてご提示するべく、しっかり貯まる企業年金®の木口氏をゲストとしてお招きし、実例をもとに総合型DBの魅力について理解を深めてまいりますので、是非ご参加ください。

過去の見逃し配信・セミナー資料

セミナー

70歳就業時代到来!これからの人事の軸となるシニア人材の活用とプロジェクトの進め方

高齢者雇用の課題に取り組む必要性、重要性を改めて認識したうえで、雇用とキャリアの出口をどう迎えるかという観点から、高齢者雇用制度及び退職金制度の再構築について、その進め方や対応事例、実務上の論点を明らかにしていきます。制度改定のプロジェクトを進めるうえで欠くことのできない業績・財務に与える影響についても解説し、財務・経理部門のプロジェクトへの参画についても取り上げます。 また、本セミナーでは「定年後(中公新書)」の著者でありご自身も企業の人事部門に在籍していたご経験を持つ楠木新氏(神戸松蔭女子学院大学教授)をゲストとしてお迎えし、シニア人材の活躍のために企業人事はどうあるべきか、何ができるかという観点からご講演頂きます。

セミナー

打ち止めする、しないだけじゃない!定年モデルから離れて考える退職金の新潮流

定年延長・継続雇用などの高齢者雇用制度の見直しは、退職金制度の見直しに直結するだけでなく、シニア雇用による就業期間の長期化やキャリアに関する考え方の変化を通じて退職金制度のあり方をも転換させるものとなります。今回のセミナーでは、これまで60歳定年を前提に作られてきた退職金の役割を振り返りつつ、定年延長や継続雇用制度の拡充、キャリアの多様化に伴い対応が求められる新しい退職金の在り方について考えていきます。 本テーマについては(独)高障求機構が発行するエルダー2022年2月号に『生涯現役時代の退職金・企業年金制度』として掲載されたところであり、誌面の都合上、触れることのできなかった論点や具体例についても解説します。

セミナー

会社全体で作る高年齢者雇用制度「部門を巻き込む現場ヒアリングの手法と活かし方」

高齢者雇用制度の構築プロセスでは、事業計画達成に向けた必要人材を定義する経営視点や人員構成や賃金水準等の定量的視点があげられますが、自社の課題にフィットした制度にするためには、当事者である高齢社員は今の仕事や将来についてどう考えているのかといった現場視点が必要不可欠です。また、制度がねらい通り運用され、実際に高齢社員の活用を進めていくためには、制度構築のプロセスにおける各部門の関与が重要になります。今回のウェビナーでは、現在の声の重要性の他、ヒアリングやアンケートの手法について、実践手順を踏まえながら解説します。

セミナー

企業として対応が迫られる企業型DC・iDeCoの制度改正について

2021年5月に成立した年金制度改正法が2023年4月から順次施行され、公的年金とともに企業年金についても制度改正が行われます。今回のセミナーでは、制度改正のうちiDeCoやマッチング拠出に関する内容を中心に取り上げ、企業としての対応について解説します。

セミナー

知っておきたい!定年延長にも関係する確定拠出年金の法改正

DC法の改正により、2022年5月から加入可能年齢が70歳迄に拡大され、2024年12月から拠出限度額に確定給付企業年金等の掛金相当額が反映されるようになります。こうした法改正が退職金・企業年金にどにような影響を与えるのか、またその対応方法について解説します。

セミナー

他社はどうしてる?先行事例から考える70歳までの継続雇用制度

70歳就業法により、企業には65歳から70歳迄の就業機会を確保する措置を講ずるよう努力義務が課せられています。現状では65歳迄の雇用確保への対応で精一杯となっている会社も多いとは思いますが、今後、70歳までの雇用を見据えた制度や仕組みづくりを、少しずつ進める必要があります。本セッションでは、既に70歳までの雇用継続制度を整備している会社を例にとり、65歳以降の就業機会を確保する為の論点を整理し、どのような対応を検討するべきか、その方法について解説します。

セミナー

待ったなし!高年齢者雇用で残ってほしい人に残ってもらうためにやるべきこと

70歳就業法時代を迎え、60歳以降のシニア社員の活躍があらためて期待されていますが、実態は活躍が期待され残ってもらいたい人ほど社外に流出してしまい、活躍が期待されない社員ほど残ってしまう傾向があります。本セッションでは、活躍が期待されるシニア社員に残ってもらうために、必要不可欠となる職務の洗い出しとマッチング方法等について解説します。

セミナー

70歳就業時代の到来で加速する退職金・企業年金の再定義と設計の見直し

70歳就業時代を迎え、定年延長や継続雇用制度拡充の検討・意思決定にあたっては、退職金や企業年金の見直しも必要不可欠です。本セッションでは、定年延長にあたっての退職金の見直しパターンや人件費への影響のほか、キャリアの多様化を踏まえた退職金・企業年金制度設計の考え方や事例について解説します。

セミナー

定年延長・継続雇用の検討に必要不可欠! 実践!誰でもできる「人件費シミュレーション」

定年延長や継続雇用制度拡充の検討・意思決定にあたっては、将来の総額人件費への影響を把握しておく必要があります。本セッションでは、定年延長にあたっての課題となる将来の総額人件費の見込み方について、人員予測の考え方や、希望者に配布予定のExcelツールを使用した人件費シミュレーションを実践します。

セミナー

70歳就業時代の到来、シニア社員の生産性を向上させる賃金制度の秘訣

高年齢者の雇用を取り巻く状況や60代の雇用確保における最大の課題である「賃金」について解説します。また、シニアの賃金制度設計で考慮すべきことからシニア社員の生産性とモチベーションを高める賃金制度の構築について、その秘訣を紹介します。

セミナー

ついに始まった「70歳就業法」に企業が取組むべき課題とは?

70歳就業法のポイントを解説し、高年齢者雇用の最新動向を交えながら、企業が取組むべき70歳就業法の対応についてご紹介します。

セミナー

今からでも遅くない!「多様化する雇用の出口をマネジメントする為に今日から始めること」

雇用の出口戦略の必要性から構築プロセスについて解説し、取り組み課題を明確化する現状分析のポイントについてご紹介します。

セミナー

シニア社員の雇用はジョブ型導入の試金石「イグジットマネジメントから見たジョブ型導入の手順と効果」

ジョブ型に対する考え方や検討方法について、イグジットマネジメントの視点から解説します。

セミナー

定年延長を考える「イグジットマネジメント」から見た60歳以降の雇用のあり方

定年延長に対する考え方や検討方法について、イグジットマネジメントの視点から解説します。

すべてのセミナー視聴・資料ダウンロードはこちらから

お問い合わせ

資料ダウンロードやメルマガ登録、お問い合わせは、 各フォームよりご連絡ください。

イグジットマネジメント!ニュース

イグジットマネジメントについての最新情報やお役立ち情報、対談記事などをメールマガジンで自動受信できます。

メルマガ登録フォーム

お役立ち資料をダウンロード

イグジットマネジメントや退職金制度の「困った」「知りたい」を解決する資料を無料でダウンロードできます。

無料資料ダウンロード

ご質問やお問い合わせはこちら

資料ダウンロードやメルマガ登録、サービス内容に関するご質問やご不明な点などがありましたら、こちらよりお問い合わせください。

問い合わせする