1. 退職から人事制度を組み立てるサイト「クミタテル」
  2. サービス紹介
  3. 研修サービス「リトレ」

研修サービス「リトレ」Re-training Service

人事方針や退職金・年金制度の変更に合わせ、社内研修の再構築を行い、研修の企画及び運営支援を行います。

自社の「未来」を想像

まずは自社の「未来」を想像する

多くの企業では、一般的な階層別研修を実施しています。しかし、限られた費用の中で最大限効果を上げるためには、各企業に合わせた階層化に加え、重点ポイントを絞る必要があります。そこでIICパートナーズでは、将来の従業員の年齢構成をシュミレーションしてから、教育体系を見直すことをお勧めしています。「5年後には40代が管理職ボリュームゾーンとなるため、30代のリーダーシップ研修に力を入れたい」「10年後に大量の定年社員がでる。対象となる50代社員には、今から社内制度を理解してもらったうえで、各自にキャリアプランやライフプランを検討してもらいたい。一方で再雇用するシニア社員のマネジメント方法を40代に学ばせたい」など、具体的なプランを検討することができます。

ミドル層・シニア層の「活用」

ミドル層・シニア層の「活用」なしに、企業の成長はありえない

ミドル層・シニア層向けの教育体系を見直しする企業が増えています。労働人口の減少による若手社員の採用が難しくなってきており、既存社員(特にミドル・シニア層)をより活用していくことは、多くの企業にとって重要課題となっています。しかし、「義務化されたから再雇用制度を取り入れた」というケースが多く、「活用」に至っていないのが現状です。「活用」するには、できる限り早い段階で、自社の制度の考え方や内容を理解してもらい、自らのキャリアを考えさせることが重要です。またミドル層向けには、シニア層が自分の部下となった場合に必要となるスキル(評価、コーチング、ジェロントロジーなど)や、幅広く活躍してもらうための発想力や新規事業開発の研修も、あわせて検討しておくことが望ましいです。

このようにミドル層・シニア層向けの教育体系を見直すことで、生産性向上はもちろん、安心して長く働ける企業としてのブランディングにつながり、結果的に採用にも効果的です。

こんな課題・お悩みをお持ちの方にお勧めです。

  • シニア層を活用するために、ミドル層向けのマネジメント教育や評価者研修を行いたい
  • 再雇用や定年延長に伴い、ミドル層・シニア層向けにキャリア教育やライフプラン教育を行いたい
  • 将来の人員構成を予測し、教育研修体系を見直したい
  • 新卒教育以外の教育体系もしっかり構築したい
  • ミドル層により活躍してもらうために、発想力強化や新規事業開発の研修を行いたい

シニア人材への対応の方向性

01

制度の意図や会社方針を反映

IICパートナーズは退職金・年金制度のコンサルティングを行っており、各企業の制度の意図や会社方針を教育体系や研修に反映させます。

02

将来シュミレーションで重点ポイントを検討

従業員データ等から、将来の人員構成を予測し、客観的な視点からも研修の重点ポイントを検討します。

03

オーダーメイド

研修はすべてオーダーメイドで行います。会社方針や経営課題を踏まえ、最適な提案を行います。

04

研修を研修で終わらせない

研修効果を高めるために、後日フォロー研修または個別フォローを行います。研修を振り返り、さらなるアクションポイントを確認します。

サービスの流れ

Flow

研修サービス導入までの流れです。完全オーダーメイドのため、研修実施まで約2か月要します。

よくある質問

FAQ

契約に関すること、研修内容など、よくいただく質問と回答をまとめています。

お問い合わせ

資料ダウンロードやメルマガ登録、お問い合わせは、 各フォームよりご連絡ください。

お電話からのお問い合わせはこちら

03-5501-3798

03-5501-3798

退職金や企業年金に関する情報が満載

コンテンツ更新情報のピックアップ、退職給付会計・企業年金・退職金に関連したオリジナルのQ&Aなどの情報をメールマガジンにて配信しています。

メルマガ登録フォーム

退職金に関する資料をダウンロード

退職給付制度・会計について、初心者でもわかりやすく解説した基礎知識から業務業務を進めるのに役立つ内容まで、体系的に学べるライブラリーをご提供します。

資料請求ダウンロード

ご質問やお問い合わせはこちら

資料ダウンロードやメルマガ登録、サービス内容に関するご質問やご不明な点などがありましたら、こちらよりお問い合わせください。

問い合わせする