1. 退職から人事制度を組み立てるサイト「クミタテル」
  2. 人事の出口を学ぶ
  3. 退職金とは

退職金とはlearn

退職金とは、退職した従業員や退任した役員等に支払われる金銭のことで、「退職手当」、「退職慰労金」、「退職年金」など、さまざまな呼び方や支給方法があります。退職金は、退職後の生活保障や従業員の雇用確保を目的として最盛期には90%を超える企業で導入されていた賃金制度ですが、現在は約70%台まで導入数が落ち込んでいます。退職金の導入や見直しを検討する前に、退職金の仕組みや種類、設計方法等を学んでおきましょう。

退職給付制度とは

退職給付制度とは、退職金の支払いを確実にするために定められた仕組みや決まりごとをいいます。一般的には退職金制度と呼ばれています。
日本では、退職一時金制度のほか、確定給付企業年金制度や中小企業退職金共済制度など、目的や支給形態によってさまざまな制度が存在し、会社によっては、どれか一つだけではなく、複数の制度を組合せて導入していることもあります。

退職給付制度の種類

退職給付制度の種類は、大きく退職一時金制度と退職年金制度の二つに分かれます。
諸説ありますが、日本の退職金は江戸中期の「のれん分け」がはじまりといわれており、今の退職金が形作られたのは戦後復興期で、当時の退職給付制度は退職一時金制度のみでした。 その後、時代のニーズにより、厚生年金基金制度、適格退職年金制度(現在は廃止)、確定給付企業年金制度などの退職年金制度が生まれ、退職金を自分で運用する確定拠出年金制度が登場するなど種類は豊富です。

退職給付制度 検討

退職金は月に一度は支払わないといけない賃金と異なり、会社が任意で導入を決定するものです。しかし、一旦制度化して従業員等に周知してからは賃金としての性格を有し、会社が支払いを拒めないものになりますので、導入には慎重な検討が必要です。

中小企業における退職金外部積立制度の選択と導入

将来の退職金の支払いに備え、その原資を外部に積み立てておくことは、中小企業の経営の観点から非常に意義のあることです。中小企業のために設けられた制度を含め、中小企業には様々な外部積立制度の選択肢が用意されています。しかしその一方で規模が小さいがゆえの制約もあり、自社にマッチしたプランを探し出し、選び取るのは必ずしも容易でありません。外部積立制度の導入にあたって実際にどのような選択肢があり、どう選び取っていくのか、当社における支援の事例を踏まえて解説します。

退職給付制度 コスト

退職給付制度を導入した会社は従業員に対し、退職金の支払い義務(負債)を負っています。
従業員が退職するまでは退職金は支払われることはありませんが、一般的に従業員の勤続年数が増えるほど、会社が支払うべき退職金の金額が大きくなっていきます。
企業会計ではこうした実態を、B/S、P/Lに適切に反映し、将来の退職金の支払いに備え管理していきます。
しかし、実際の支払額が確定するには従業員が退職する必要があり時間がかかるので、毎期の負担額を合理的に見積もり、企業間の比較可能性を向上させるためのルールとして、2000年に退職給付会計が導入されました。
退職給付制度を導入した会社は、退職給付会計に則り退職給付引当金、退職給付費用を計上します。

退職金・年金制度の現状分析

お問い合わせ

資料ダウンロードやメルマガ登録、お問い合わせは、 各フォームよりご連絡ください。

イグジットマネジメント!ニュース

イグジットマネジメントについての最新情報やお役立ち情報、対談記事などをメールマガジンで自動受信できます。

メルマガ登録フォーム

お役立ち資料をダウンロード

イグジットマネジメントや退職金制度の「困った」「知りたい」を解決する資料を無料でダウンロードできます。

無料資料ダウンロード

ご質問やお問い合わせはこちら

資料ダウンロードやメルマガ登録、サービス内容に関するご質問やご不明な点などがありましたら、こちらよりお問い合わせください。

問い合わせする