TOP > イグジットマネジメント連載 > 【人事必見】第1回 従業員の経済的安心がイキイキとした組織を作る | 連載「なぜ今、金融教育を会社が行った方が良いのか」

お役立ち情報

退職から人事制度を組み立てるサイト「クミタテル」 > お役立ち情報 > 退職金・年金関連のニュース・トピック > イグジットマネジメント > 【人事必見】第1回 従業員の経済的安心がイキイキとした組織を作る | 連載「なぜ今、金融教育を会社が行った方が良いのか」

【人事必見】第1回 従業員の経済的安心がイキイキとした組織を作る | 連載「なぜ今、金融教育を会社が行った方が良いのか」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【人事必見】第1回 従業員の経済的安心がイキイキとした組織を作る | 連載「なぜ今、金融教育を会社が行った方が良いのか」

人生100年時代や老後2,000万円問題など、お金に絡んだテーマに焦点があたる機会が増えているように思います。

また、金融広報中央委員会の『金融リテラシー調査2019年調査結果』から、67.2%の方が金融教育を必要と考えている一方で、学校等において金融教育を受けたことがある人の割合は7.2%しかいないことが分かります。つまり、学びたい(学んでおきたかった)という気持ちと現実ではギャップがあるのではないでしょうか。

こうしたことも背景にあってか、2022年4月からは高校家庭科で株式や債券、投資信託といった基本的な金融教育が行われることになっており、日本社会において金融教育の役割が大きくなっていくことは間違いないと思われます。

本記事では複数回に分けて、「なぜ今、金融教育を会社が行った方が良いのか」について書いていきます。
連載第1回は「従業員の経済的安心がイキイキとした組織を作る」をテーマとしてお届けします。

シニア社員のイグジットマネジメントできていますか?

「第2回 世代別金融教育で、効果的な研修を実現する」を読む>

本記事を通じて、金融教育を相談したいという方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちらから




著者 : 石川 泰 (いしかわ たい)

石川泰

1991年生まれ。東京理科大学基礎工学部卒業後、2015年に株式会社IICパートナーズへアクチュアリー候補として入社。その後、野村證券株式会社にて確定拠出年金に関する法人営業、SBIベネフィット・システムズ株式会社において、関係省庁や業界団体との折衝、企画業務を担当。現在はクミタテル株式会社の営業担当として働く他、2021年1月に設立した公的私的年金・退職金の一元管理を目指したフィンテック企業の代表も務める。 SBI大学院大学経営管理研究科 在籍中(2021.9卒業予定) 元プロボクサー(1戦1勝1KO)

> この著者の記事をもっと見る

出口 (イグジット) を見据えたシニア雇用体制の確立をしましょう

シニア社員のイグジットマネジメントできていますか?

労働力人口の減少と高齢化が同時進行する中、雇用の入口にあたる採用、入社後の人材育成・開発に加え、出口 (イグジット) をどうマネジメントしていくかが、多くの企業にとっての課題となりつつあります。特に、バブル入社世代が続々と 60 歳を迎える 2020 年代後半に向けて、シニアの雇用をどう継続し、戦力として活用していくのか、あるいはいかに人材の代謝を促進するのか、速やかに自社における方針を策定し、施策を実行していくことが求められます。多くの日本企業における共通課題であるイグジットマネジメントの巧拙が、今後の企業の競争力を左右するといっても過言ではありません。

シニア社員を「遊休人員化」させることなく「出口」へと導くイグジットマネジメントを進めるために、まずは現状分析をおすすめします。

現状診断について見る

退職金や企業年金の最新情報が届きます

クミタテルのオリジナルコンテンツや退職給付会計・企業年金・退職金に関連したQ&Aなどの更新情報をメールマガジンにて配信しています。

イグジットマネジメントニュース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
banner_analysis_rectangle.png
退職金・年金・人事の制度設計

お問い合わせ

資料ダウンロードやメルマガ登録、お問い合わせは、 各フォームよりご連絡ください。

イグジットマネジメント!ニュース

イグジットマネジメントについての最新情報やお役立ち情報、対談記事などをメールマガジンで自動受信できます。

メルマガ登録フォーム

お役立ち資料をダウンロード

イグジットマネジメントや退職金制度の「困った」「知りたい」を解決する資料を無料でダウンロードできます。

無料資料ダウンロード

ご質問やお問い合わせはこちら

資料ダウンロードやメルマガ登録、サービス内容に関するご質問やご不明な点などがありましたら、こちらよりお問い合わせください。

問い合わせする